芸術とアダルトの境界線は

現代においてアダルトは18歳未満の青少年、少女は見る、購入するなどの行為ができないような措置が取られています、アダルト作品についてはそういう措置が取られている反面、アート作品を見てみるとどうなのか?気になる方も多いと思います。
例えば、絵画などの裸婦像や、それこそ非常に際どいアート作品も数多く存在しているわけですが、そういった方面で規制されるようなことはほぼ無いと言えます。
ではいったいアダルト作品と裸婦画・裸婦像のようなきわどい芸術作品の協会は何なのかですが、考えてみると確かに、違っている点は多々有ります。

例えば、アダルト作品を例に上げると、ほぼすべての作品は性的欲求を掻き立てるように作られていて、自慰行為などにも利用するため、ある程度下品に制作されていたりするものが多いと思います、例えば、アート作品の中には、フェラチを粗ている描写のある作品などはほとんど存在しないのではないかと思います。
しかし、アート作品、裸婦画などの場合ですと、美しいなどとは感じられますが、それほど性的欲求を掻き立てられることも少ないように感じます。
もちろん感じ方は人それぞれですが、どちらのほうが性欲を掻き立てられるのか考えた場合、多くの男性はアダルト作品を選ぶでしょう、そういったことからも明らかな違いは有ります。

そもそも、製作時の方向性が明らかな違いが有ることは否めません。
アート作品である場合、ある程度アダルト面を意識している製作者の方も居る可能性はありますが、それはあくまでアートとして昇華させるためのものであり、性的欲求を満たすために制作された作品というのは少ないように感じます、それに対して、アダルト作品は最初から性欲を満たすために制作されたものであることは明らかですし、芸術を意識して作品を制作はしてはいないように感じます。
当初から作品の方向性、用途などに差異がありますから、そういった点が2つの境界線、最大の違いのように感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です