アダルトと思う点が多いのだが

芸術的作品の中には、内容的にまるでアダルトと思えるようなエッセンスを含んだ作品も多数存在しています。
しかし、やはりその辺りは「エロティカ」と「ポルノグラフィー」という違いが有ります。
商業的に販売されているようなアダルト作品、AVや18禁の雑誌や漫画など、明らかに性的よ旧を満たすため、解消するために作成されたポルノグラフィーな作品とは違い、裸婦画など、ある程度艶めかしい作品だったとしても、芸術的な制作意図のある作品はやはりそういった一般的な18禁の作品とは一線を画すと言えます。

ただし、中には非常にリアルに女性の下半身絵を描いた作品なども存在していて、性的な興奮を確かに感じるような、そんな作品に対してのアダルト規制はどうなるのか疑問です。
明らかに芸術性を逸脱した内容の作品に対しては線引が難しいところでは有ります。

基本的にアート作品であった場合は18歳未満の子供で見れるわけですから、その辺りはある程度対処した方がいい可能性はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です