曖昧さがあるが制限は厳しい

芸術面でのエロスと、アダルト面でのエロス、結構曖昧なところも多々ある両者ですが、制限は厳しいと言えます。
仮にアート作品であった場合でも、日本の場合では、刑法175条の、猥褻物頒布罪が適応される可能性はあります。

基本的に18歳未満のコモドをモデルにした作品は仮にアート作品と称されるものであってもポルノ禁止法によって取り締まられます。
アート的観点からすると、こういった表現の規制は足枷にもなりかネないという懸念の声もあります。

もちろん、青少年を安全に守るためにも、児童ポルノ法などは必要でしょうし、アダルト作品、ポルノグラフィー的な商業作品については、言ってのモラルを守った制限をするのは致し方無いとも感じるところもあります。
しかし、アートとポルノ作品は区別して規制対象にした方がいいと感じる人もいれば、やはり過激な芸作品はたとえ芸術であったとしても規制の対象にすべきと考える人もいるのです、アート作品に対しての厳しすぎる規制は賛否両論有るのです。

アダルトと思う点が多いのだが

芸術的作品の中には、内容的にまるでアダルトと思えるようなエッセンスを含んだ作品も多数存在しています。
しかし、やはりその辺りは「エロティカ」と「ポルノグラフィー」という違いが有ります。
商業的に販売されているようなアダルト作品、AVや18禁の雑誌や漫画など、明らかに性的よ旧を満たすため、解消するために作成されたポルノグラフィーな作品とは違い、裸婦画など、ある程度艶めかしい作品だったとしても、芸術的な制作意図のある作品はやはりそういった一般的な18禁の作品とは一線を画すと言えます。

ただし、中には非常にリアルに女性の下半身絵を描いた作品なども存在していて、性的な興奮を確かに感じるような、そんな作品に対してのアダルト規制はどうなるのか疑問です。
明らかに芸術性を逸脱した内容の作品に対しては線引が難しいところでは有ります。

基本的にアート作品であった場合は18歳未満の子供で見れるわけですから、その辺りはある程度対処した方がいい可能性はあります。