芸術分野のあれは「アダルト」なのか

芸術の分野でも「性」を意識した作品は多いように感じられます。
裸婦画などはあくまで芸術の枠組みに収められているわけですが、裸の女性をモデルにしているにもかかわらず、アダルトなのか、芸術なのか線引きが難しいと感じることもあるかもしれませんが、「性的欲求を満たすコンテンツ」という意味で考えた場合難しいところです。
江戸時代に描かれていた春画などは、その当時は「性」を満たすコンテンツとして描かれたものかもしれませんが、現在においては芸術作品とみなす風潮です。
最も当時から、春画は高価なものとしてあり、庶民はなかなか手を出せなかった点を考えると、やはり芸術作品という側面を持っていたので、現在の商業化された「エロ本」とは一線を画す存在だったのは間違いないはずです。
ただ、裸像や、裸婦画など、現在販売されている、アダルト作品などと違って、性的な描写を描いているわけではないと思うので、率直に「性欲」を掻き立てられる作品というわけではないように感じますので、そういった面でも芸術作品とアダルト商品の違いが垣間見られます。

現代アート近代アートと呼ばれるものの中に「フィギア」などの存在があり、場合によっては、何億円もの値段がつくこういった作品ですが、「フィギア」に関しては特に「性」を意識したものも多いように感じます、例えば、全裸の男の子が射精しているフィギアや、巨乳の女の子が乳から母乳を吹き出しているなどの作品もあり、非常に高額、高評価で迎えられたことなどもありました、芸術分野においてこういった作品がアダルトなのか芸術なのか、正直素人にはわかりにくいこともあると思いますが、こういったものは人によって捉え方が色々だと思えます。
芸術分野としてみなす人もいれば、どうしても素人などは、なんでこんな値段がつくのか、明らかにアダルト作品だということを言う人もいるでしょう、明確な線引は難しいところですが、サザビーズなどのオークションで何億円もの値段で落札されたりすることを考えると、ただのアダルト作品とは一線を画する気もします。
ただ、そう考えた場合、フィギアエッチにを改造したものなどの場合は芸術作品と呼ばれるのかと問われれば難しいところです。

アダルト雑誌やアダルト動画など、商業化されている作品は日本では、18歳未満は見てはいけないなどとされていますが、芸術分野での裸婦がなどにはそういった規制がありません。
規制の対象外になっている裸婦がや春画、そして(一部の)フィギアなどはやはり規制されていないのだから、芸術作品とみなして問題ないはずです。

【注目サイト】

楽々!簡単! クレジットカード現金化
面倒な審査などがないから、クレジットカードがあれば簡単にできるんです

Leave a reply

required